風俗遊び

ソープランドって何するところ?遊び方や料金などはじめての方にも分かりやすく解説します

ソープランドって何するところ

風俗ライター舞子

元風俗嬢の風俗ライター。風俗嬢目線からの風俗の遊び方やモテ術など書いてます。

風俗の王様と言われるソープランドは、誰でも本番まで楽しむことができる大人の遊び場です。

これまでソープへ遊びに行ったことがない・はじめてソープランドにいく男性には「ソープランドって何をするところなのかイマイチ分からない」という人もいるでしょう。またソープは風俗と違い、店のあるエリアや遊び方も異なる部分が多いです。

そこで今回はソープランドでの遊び方から注意点、店舗数が多い地域などをまとめてみました。

ソープランドって何するところ?他の風俗との違いについて

まずはソープランドと風俗の違いを見てみましょう。

風俗とソープランドは営業の仕方も全く違います。なんとなくであっても、ソープランドや風俗で遊んだ経験がないと、店内で何をしているか分からないでしょう。

風俗は店舗、または女の子を派遣し性的サービスを提供するものです。その中にはピンサロ、デリヘル、ファッションヘルスとさまざまな業種があり、店によって特徴もありあらゆる楽しみ方ができます。

ソープランドはその中でも湯舟のあるお部屋で、男性客が女性スタッフに接客してもらい、そこで恋に落ちエッチ(セックス)までしてしまったという建前で営業しています。

女性と個室に入り2人きりになってしまった先のことに関しては、お店は関与していないという形なのですが、かなり無理矢理な設定でサービスをしているのです。

エッチ(セックス)、いわゆる本番までできてしまうので「風俗の王様」と呼ばれ「特殊浴場」や「高級サウナ」とも呼ばれます。

そんなソープランドで具体的にどんなことができるのか、風俗とソープの違いを具体的にお話ししていくので、これからソープで遊ぶ人も参考にしてみてください。
 

本番(セックス)ができる

なんといってもソープランドの楽しみはエッチができることです。

基本的にソープランドは本番までがコースに入っているので、デリヘルなどのように裏オプといって内緒で風俗嬢とエッチをする必要はありません。

本番行為は風俗では禁止されていますが、ソープランドは記事の最初でもお話したように、ソープランドは自由恋愛を建前にしているので、ソープ嬢とお客さんが本番をしても何も問題にならないのです。

このルールが良いか悪いかは別として、江戸時代に遊郭という風俗がはじまって以降、戦後に風俗での本番行為が禁止になった結果、ソープランドと風俗とに分かれてサービスをするようになりました。

「童貞を卒業したい」「彼女を作る前にセックステクニックを上げておきたい」という理由から若い男性も利用します。

反対に長い結婚生活からセックスレスが長期的に続いている男性が、本番を楽しみにやってくることもあります。ソープは年齢関係なくテクニックに自信がなくても楽しめる最上級の風俗です。

料金の支払い方が違う

風俗はサービスを受ける前にお店に料金を支払いますが、ソープランドの場合は、基本的にお店側が管理しているのが「入浴料のみ」となっています。

しかし別でサービス料というものをソープ嬢に支払うことになっており、サービス料は直接ソープ嬢に支払わなければなりません。

その理由は上でも少し触れたように、ソープランドでの本番行為はあくまで恋愛感情が生まれた結果だからです。金銭のやり取りをした後の本番行為は売春とみなされる場合があるので、注意深いお店は受付で入浴料のみしか受け取りません。

とはいえ最初から総額を支払うお店も多いので、この辺りは遊びに行く店舗のやり方に従ってください。相手の接客商売なので、聞いたところで嫌な顔をされたりはしないので安心して良いです。

サービス内容も他の風俗と異なる部分がある

ソープランドは他の風俗とサービスが異なる部分があります。

  • 高級店は車で送迎してくれる
  • 精力アップドリンク(精力剤)がもらえる
  • ソープランドにはマットプレイがある
  • 洗体をしてくれる

パッと風俗とサービスが違うのはこの辺りでしょうか。

ソープランドは高級店になると、高級な車で男性客をお迎えにきてくれます。

希望があれば帰りも最寄り駅まで送ってくれるので、行き帰りはとても楽です。

さらに高級店では女の子の準備ができるまで待機ルームに案内されますが、その間に精力アップドリンク(精力剤)やお茶のサービスを受けられるところもあります。

また風俗とソープランドの違いはマットプレイや洗体といったお風呂でのプレイです。風俗ではホテヘルが一緒にお風呂に入り洗体するサービスがあるくらいで、本格的に体を密着させて体を洗ったり、マットの上でプレイすることはありません。

かなりレベルの高いサービスなので、より密着したイチャイチャタイムを楽しみたいならソープがおすすめです。

ソープランドの遊び方・流れ

ここからは、ソープの遊び方や流れについてお話していきます。

風俗で遊び飽きた人も、全くはじめて遊ぶ人も以前に遊び方の流れを知っておけば、すぐに楽しむことができますよ。

STEP1:お店を探そう

ソープランドは全国各地にありますが、エリアはある程度限定されています。

どうせ行くならできるだけソープ店がたくさんある場所にいった方が、自分好みの店を探せるでしょう。そこで各エリアでどのくらいソープ店があるかなど見ていきましょう。

北海道・東北エリア

東北と北海道エリアで最も大きな歓楽街すすきのは、キャバクラや風俗もたくさんあります。

特にすすきのは大衆店メインで30軒以上のソープ店があるので、北海道で風俗遊びをするならすすきのがおすすめです。
また東北方面や福島や宮城、秋田方面それぞれに10軒程度のソープランド店がありますが、その中でも国分町は東北で賑わう歓楽エリアです。

関東エリア

吉原(東京)や堀ノ内(川崎)は関東で最大級のソープ街で、吉原は遊郭の名残から超高級店から激安店まで100件以上のお店が立ち並んでいます。鶯谷駅からの送迎を行っている店も多くあります。


次に大きく有名なソープ街は神奈川県にある堀ノ内です。吉原ほどの多さではありませんが、厳選された店ばかりで横浜の福富町や曙町まで含めると、店舗数は約30件程度になります。そのかわり女の子の質はとてもいいので、地雷嬢を引きたくない男性におすすめです。


かつてNK流があった埼玉の西川口の一部にもソープランド店が15軒ほどあります。また埼玉は大宮の北銀座と呼ばれるエリアにも20軒ほどのソープランドがあります。

また関東方面でそこそこ大きなソープ街は千葉県の栄町です。ソープランドへ行く人なら栄町も有名で30軒以上のお店が集まっています
高級店だけでなく格安店もあるのでお財布事情で選ぶことができます。栄町の激安店は特に地雷嬢がいないので安心して遊べますよ。

西日本エリア

関東に負けないくらい、西日本にもソープランド店がたくさんある街があります。
その中でも金津園と福原はかなり大きなソープ街です。

金津園は岐阜県にある加納水野町は金津園と呼ばれ、東京でいう吉原と同じように金津遊郭が栄えたエリアの名残で、ソープ店が50軒程度あります。

さらに滋賀県大津の雄琴温泉の隣に高級店から格安店が約30店舗あるようです。
福原は関西で一番大きいソープ街で、福原遊郭などいう歴史が残っていて、ソープランド店は約60店もあります。
西日本でソープ店に困ったら、神戸まで行ってみましょう。福原なら自分が探しているお店が見つかると思います。

また西日本エリアは関東エリアよりも安い予算で質のいいソープ嬢に会えるので、関西にきた時はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

四国・九州・沖縄エリア

香川県高松市にある四国最大のソープ街「八重垣新地」は高級店から格安店が18軒あります。

続いて福岡の小倉や中洲も「南新地」と有名な風俗ファイがあり、中洲一丁目に80軒以上の風俗店があり、高級店から格安店が立ち並んでいます。
個性的なソープ店が多いのも特徴で、業界未経験しか在籍していない店舗などさまざまなものがあります。

さらに熊本までいくと中央街に38件ほどの高級店から格安店があり、四国九州エリアはソープランド遊びに比較的困らないエリアでしょう。

そして最後に沖縄は沖縄市辻エリアに40軒近くの大衆店と格安店があり、中級から高級店は少なめです。

自分が遊ぶエリアにどのくらい店があるのか、どんな女の子がいるのか、店のコンセプトなどじっくりと調べてみてください。

STEP2:ソープ嬢を選ぶ

店選びはソープ遊びで大事な部分になりますが、さらに重要なのはソープ嬢選びです。

特に格安店や大衆店は、ちゃんと女の子選びをしないと熟女やとんでもないブスがやってくることがあります。ソープ嬢は店のホームページで探すのはもちろんのこと、風俗やソープランドの口コミ情報サイトを使うのもありです。

口コミサイトは店ごとにソープ嬢の情報が細かく出ており、実際にしてもらったサービスやプレイ内容まで書かれています。ソープランド店のプロフィールも確認しますが、口コミなど良い部分しか出していないので、悪い部分は隠されていることが多いです。

女の子選びは店のホームページだけでなく、口コミサイトも併用してチェックしましょう。

STEP3:電話予約が基本

ソープランドの予約は電話予約が基本で、ネット予約を受け付けている店舗は少ないので確実に女の子を確保したいのなら、店に直接電話をしましょう。

はじめていくお店だと、新人や人気があまりないソープ嬢を案内されることがあります。

また先ほどのような熟女やブスなどの地雷がくることもあるので、はじめていく店は必ず予約するようにしましょう。

STEP4:入浴料を支払う

ソープランド店がもらうのは入浴料だけで、ソープ嬢に個室に案内されたら「別途サービス料」を払います。

あくまでもソープ店はお風呂がある個室を貸しているだけという体裁なので、女の子へ直接サービス料を払うのが基本です。

もちろん「総額」とプレイ料金を出しているところもあり、そこには別途サービス料が含まれています。お金の支払い方に関しては店の指示に従ってするのが無難です。

STEP5:待機室で待つ

料金の支払いが完了したら、ボーイさんに待機室に案内されます。

女の子は指名が入ってから男性をお迎えする準備をしているので、多少時間がかかるのです。

待機室は店によって異なりますが、高級店になるとサービスがかなりよくなります。

そして待機室は他の男性客と顔を合わせないようになっているので、女の子がくるまで安心して待つことができます。

STEP6:入室してプレイ開始

女の子が男性をお迎えにきたら、そのままお部屋に案内されます。

入室したら思う存分女の子と楽しい時間を過ごしてください。

ソープ店にもよりますが、延長できない店舗だとどんなに時間を延ばしたくてもできませんし、年末年始や大型連休で混みあうシーズンも延長を断られることがあります。


遊ぶ際は少し長めにプレイ時間を設定して女の子と遊ぶのがいいでしょう。

ソープランドならではのプレイ

ここからは、ソープランドならではのプレイを紹介します。

今まで風俗しか遊んだことがない人でも、この項目を見ればソープのすごさを知ることができ、遊びにいきたくなるはずです。

即尺・即即プレイ

ソープランドならではの即尺やお風呂に入る前にイチャイチャや本番をするのを即即プレイといいます。

風俗はお風呂やシャワーをしないと、脱衣してサービスをすることができませんが、ソープランドは体を洗う前からサービスをしてOKなので、本当にラブホで彼女と2人きりのような感覚を味わえます。

洗体プレイ

ベッドよりもお風呂でのサービスが多いのがソープランドですが、入浴中にきめ細やかな泡で全身を洗ってくれる洗体プレイがあります。

洗体でいやらしく体を洗われ、男性がソープ嬢の体を洗うのもOKです。
ソープ嬢が嫌がらなければ、綺麗に洗ってあげてください。

潜望鏡

男性にお風呂に浸かってもらい、湯舟からペニスだけを出してもらいソープ嬢がフェラや手コキでサービスするものです。
潜水艦から垂直に突き出して外の様子を見るのに使う望遠鏡から、ソープランドでもペニスが湯舟から突き出しているように見えることから、潜望鏡と言われるようになりました。

もちろん潜望鏡をしなくても、洗体から普通にお風呂に浸かりイチャイチャするのでも問題ありません。

マットプレイ

ソープランドといえば、マットプレイは外せませんよね。ローションをたっぷり使って男性の全身を気持ち良くしていきます。

たわし洗いやパイズリなど、マットだけでやり方がたくさんあるので、マットプレイの最中に興奮してしまい、我慢できずにそのまま本番をする男性も少なくありません。

ヌルヌルのローションまみれで、女性の体が全身に密着すれば、フル勃起間違いなしです。

本番

風俗ではできない、ソープランドだけでできるのが本番です。

お風呂でもベッドでもどちらでもできます。
体位も男性が好きなもので行っていいですが、アナルはしていいか女の子に確認を取りましょう。

ソープランドに遊びにくる男性客の多くがゴムをつけていますので、本番をするときはゴム着きをおすすめします。

また店によっては、お遊びルールとして「S着のみ」と書かれているところもあります。「S着」とは「スキン着用」つまり、「ゴムを着けて楽しんでくださいね」と言っているんです。

店のルールを破った本番をすると、次回から利用を断られることもあるので、本番に関するルールには従うようにしましょう。そして本番はプレイ時間の間なら何回しても基本はOKです。

気が済むまで何度も爆発させちゃいましょう!

ソープランドの料金システム

お遊びの仕方が分かったところで、次はソープランドの基本的な料金システムをお話します。

店のランクによって料金が変わりますので、自分が行きたい店の料金が分かると思います。

紹介する額面はあくまでも平均なので、地域によって値段が前後することがありますので、正確なプレイ料金はお店に確認してください。

高級店

ソープの中でも120分しかプレイ時間の設定がないのが高級店です。値段も平均でだいたい8万と、とっても高い設定になっています。
高級店に在籍している女の子は、見た目や顔、性格、セックステクニック全てが優秀なので、それなりにお金がかかるようです。

体に傷1つない清楚系の大学生やOLなどが在籍しており、接客する男性も経営者や医師、弁護士などお金に余裕のある人ばかり。入浴料が約3万で別途サービス料が約5万程度になっています。

最高のサービスとエッチが楽しめる高級ソープは、ソープや風俗遊びをしている男性の憧れであり、ステータスとも言われています。

 

中級店

「高級店はちょっと高くて行きにくいな」という人でも、比較的上質なサービスを受けることができるのが中級店です。

ソープ嬢のルックスなどは基本的に高級店とほとんど変わりませんが、部屋が狭い、できるサービスに制限があるといった事以外は普通に楽しむことができます。

またプレイ時間を選択できたり、最初から入浴料とサービス料を総額で払える店舗もあります。

中級店の入浴料は1~2万円で、別途サービス料が2~3万円ですが、店によって料金が変わる場合もあるので、予約時に料金を確認しておきましょう。

大衆店

総額2万~4万円台で遊べる大衆店は、お風呂でのプレイを楽しめるソープとしては一番安い店です。

大衆店では60分とショートコースがあり、店によってはマットかベッドかどちらかを選ぶ場合もあります。両方楽しみたい人は80分や90分以上のコースがおすすめで、2回戦も十分きます。

大衆店でも即即プレイなども楽しめますが、ノースキンで遊ぶのは控えた方がいいでしょう。

格安店

平均的な総額が1万円台~2万円程度でおさまるので、風俗へいくよりお得だと思います。

短時間のコースが多いのも特徴で45分スタートの設定にしているところが多いです。プレイ時間が短いのでプレイ内容も簡略化されており、ベッドでのプレイがメインになるので、本番だけ楽しみたい人に向いています。
そして格安店は熟女や人妻系、ぽっちゃり系などマニアックな店も多数あり、風俗からソープ遊びを試してみたい男性におすすめです。

ソープランドの遊びの注意点

刺激的で楽しいソープランドも、遊ぶには基本的なルールがあります。
ここでは、ソープランド遊びを楽しむ上で注意した方がいいことを解説します。

時間に余裕を持って来店する

ソープランドは店に到着してもすぐにプレイがはじまるわけではありません。

女の子の準備ができるまで10分~20分程度はかかります。また大衆店や格安店は混雑していると、時間通りに案内できないこともあります。
平日の日中など、人が少ない時間ならほぼ時間通りプレイができますが、休日や夕方以降は仕事帰りの男性客で溢れるので、多少時間を押してしまうこともあるでしょう。

ソープで遊ぶ時は時間にある程度余裕を持っておいた方がいいので、できればソープで遊んだ後に予定を入れるのなら、約束までの時間にはゆとりを持たせておくといいですね。

女の子ができないプレイをお願いしない

ソープランドは基本的になんでもできますが、女の子によってはできないプレイもありますし、店のコンセプトでやっていないプレイもあります。

女の子と2人きりになって、希望のプレイを言っても女の子の方が不得意で対応していないこともあるんです。

希望のプレイがある場合は、予約時にできるかどうか確認してみてください。

はじめての人は「はじめてです」と伝えておく

ソープランド遊びがはじめての人は、店に予め「はじめてです」と伝えておきましょう。

店側はソープランド遊びはじめての男性でも歓迎してくれますから安心してください。

男性の年齢や女性のタイプなどを聞いて、はじめてでも楽しませることができるソープ嬢をつけてくれます。全くのソープランド初心者だと緊張して上手く自分でリードしたりできないものです。

またソープ嬢でも「全くの初心者が苦手」という人もいますから、予め「はじめてです」と伝えておくとお店としても助かります。

電話予約の際に「はじめてです」というのは恥ずかしいかもしれませんが、誰でも最初ははじめてになりますから、あまり気にしすぎないようにしましょう。

ソープランドで最高の遊びと癒しを体感しよう・まとめ

基本的なソープランドでの遊び方やソープランドの疑問などを解説しました。

全国にソープランドはたくさんありますが、店のランクや地域によって値段も変わり、サービスも異なります。また高級店は全国どこにでもあるわけではないので、ソープ遊びの楽しさを知れば1度は行ってみたい場所になります。

本番まで楽しめる風俗はソープだけですから、女の子と密着して癒され性欲発散までしたいのならぜひ1度は利用してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

風俗ライター舞子

元風俗嬢の風俗ライター。風俗嬢目線からの風俗の遊び方やモテ術など書いてます。

-風俗遊び